ポンチ絵(プレゼン資料)作成時の工夫

業務で「ポンチ絵」(大学・行政で使われる業界用語で、一般にいう「プレゼン資料」「概念図」のこと)の作成を求められたときに、自分が工夫していることを以下にまとめてみました。 (1)概念図の動きが下から上、左から右に流れるように配置する「下から…

在宅勤務について考える

(※本記事は2020/4/25時点で作成したものです。) 勤務時間として正式に認められた在宅勤務としては、私自身はまだ実施していません。ただ、これまで自主的な休日出勤や、非公式な持ち帰り残業を長年に渡り重ねてきた経験を基に、在宅勤務に対する考え方や、…

気分を味わう

本当の旅の発見は新しい風景をみることではなく、新しい目をもつことにある。 -マルセル・プルースト(小説家) 相も変わらず、仕事はノー残業であるがゆえに切羽詰まっていて、常に頭から離れてくれず、家ではずっと家事育児に追われていて、年中無休のめ…

喉元過ぎても

5月25日までにすべての都道府県で緊急事態宣言が解除された。これでコロナ禍は「終わった」と考えて、以前の生活に戻そうとしている人も少なくないように感じるし、自分の職場だけ見ても、(形式だけで中身は個人に丸投げの)在宅勤務や(自分の課だけがなぜ…

イクシゴ論(3)「「形状記憶組織」というラスボス」

新型コロナウイルスによるパンデミックで、新潟県を含む全国に緊急事態宣言が発令されたことを受け、自分の職場でも出勤人数を減らして接触を出来るだけ避けるための取組として、4月途中から「在宅勤務制度」が導入された。 制度といっても、急ごしらえで開…

スポーツの力

新型コロナの影響で学生の部活動が禁止された3月上旬以降、職員が大学の体育館で昼休みに運動をすることも禁止になった。職場での数少ない息抜きの一つであり、土日にスポーツをする時間が作れない自分にとって、平日の昼休みのバドミントン(昼バド)は習慣…

TWD化する世界

今日にも、政府が緊急事態宣言を発令するという。まさか、首都直下地震が起きたわけでも核戦争が勃発したわけでもないのに、そんな日が来ることになろうとは。この1ヶ月半ほどの間に、自分を取り巻く世界はすっかり変わってしまった。 2月20日ごろにMちゃん…

一身独立

「あなたの国があなたのために何ができるかを問うのではなく、あなたがあなたの国のために何ができるのかを問うてほしい」(Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.)ジョン・F・ケネディ大統領就任演説(1961 年…

「ながら」の常態化

相変わらず、休日はほとんど24時間、子供とつきっきりで過ごしている。子供と離れる時間は、個人的な買い物や朝活読書会、消防団などの用事があるときだけだから、土日合わせても2 〜3時間くらい。用事が何もなければ、離れる時間もゼロになる。子供と遊ぶの…

年度末、来たる

「1 月は行く、2 月は逃げる、3月は去る」という言葉がある。年明けから年度末にかけての慌ただしさ、時間の短さを言ったものだ。今気づいたが、それぞれ月と動詞の頭の音で韻を踏んでいる。それを知ってしまえば、割と覚えやすい言葉である。 そして今日か…

イクシゴ論(2)「残業ゼロは「仕事汚染」の悪夢を見る」

昨年4月に今の部署に異動してからというもの、自分と妻の間で慣例的に「18時半までに職場を出る」というルールが形成され、今日までそれを堅持してきた。家族みんなで19時前に夕飯を食べるために、妻から帰宅時間を固定するよう強く求められたのがきっかけだ…

冬到来

昨日から今朝にかけて、市内の平地に雪が降り積もった。おそらく昨年12月初旬以来となる積雪だと思う。今年の冬はずっと雪がない状態が続いていて、雨だったりポカポカした晴天だったりと、全く季節感のない天候に見舞われていた。この降雪で、やっと冬が来…

初滑り2019-2020

1月14日火曜日、振替休日を利用し、地元の杉ノ原スキー場で、今シーズン初となるスキーを楽しんできた。3回しか行かなかった昨シーズンの初滑りと滑り納めもこのスキー場なら、一緒に行った相棒も滑り納めのときと同じ友人だった。少雪が続く近年だが、今年…

イクシゴ論(1)「連休=連勤説」

今日は火曜日だが、自分に限っては仕事は休みである。今週土曜に休日出勤があることに伴う振替休日を充てたためだ。昨日まで成人の日の3連休だったところに振替をつなげたので、妻には「自分だけ4連休か」と批判された。だが、元々水曜日に取るつもりだっ…

抱負2020

新年、2020年が始まって早10 日が過ぎたが、年が明けたという実感はない。今年はオリンピックパラリンピックイヤーだが、そのことを考える余裕も今のところない。当然ながら、ブログを書く余裕はもっとない。理由は、育児と仕事で日々身の回りのことにいっぱ…

飲み会インポッシブル

12月といえば忘年会シーズン、会社の飲み会では同僚みんなでどんちゃん騒ぎ・・・というステレオタイプなイメージは、もはや過去のものになりつつあるようだ。今月、トレンドワードになった「忘年会スルー」なる言葉が、会社の忘年会を忌避し、欠席したいと…

スライム絵本

2歳の子供が今、ドラクエのモンスターの「スライム」にどハマリ中だ。自分がこれまでに主にプライズで集めたスライムグッズに囲まれて、楽しそうに遊んでいる。リビングでははぐれメタルのお掃除コロコロローラー、お風呂では黄色いスライムのゴム人形、寝る…

pomera(ポメラ)処分

2009年1月に購入したキングジムのデジタルメモ「pomera(ポメラ)」DM10を廃棄処分することにした。09年当時の購入価格は24800円、落下してキーボードを破損し、同年10月に有償修理した際の修理代が約14000円だから、トータル4万円近くも投資した、超高額な…

ある日のテーマ曲 その1

2日前の夜にした夫婦喧嘩の怒りがようやく収まったのを妻の言動から察して、ずっと抱えていた胸のわだかまりがすっと消えたのを感じ、ゴミを出そうと玄関のドアを開けたら、雨上がりのきれいな青空が視界いっぱいに広がっていたときのテーマ曲。 NEON GENESI…

取捨選択 その5

9月にPerfumeのベストアルバム「Perfume The Best "P Cubed"」を「2枚」買った。特典DVDが付属する初回限定盤だ。保存用と普段聴く用に1枚ずつ、という訳ではなく、7月に予約注文していたことを忘れて、発売直前に再度注文してしまったことが原因。ネット通…

ディーラーとの決別

昨日はアクセラをマツダのディーラーに持ち込み、修理をしてもらった。オイル漏れを起こしていた左リアショックアブソーバという部品、いわゆるダンパーを交換する作業で、この修理によって左後輪付近から生じていた走行中の異音が解消した。この現象は3週間…

余命10年からのリスタート

このブログの開設から、10月10日で丸10年を迎えた。2009年に当時大学4年生だった自分が触発され、ブログを始めるきっかけとなった友人たちのブログは、遙か昔に更新停止または閉鎖され、現在まで続けているのはいつしか自分だけになった。大学生から社会人、…

過去記事の掲載時刻

はてなダイアリーからはてなブログになって、機能がいろいろと変わったが、個人的に一番残念だったのは、「記事の掲載時刻」が記事中に表示されなくなった点だった。これまでは、記事の上部に日付と日時が記載されていた。そして、それが自分の人生の足あと…

ほぼ日手帳2020

9月に入り、今年も残すところ4ヶ月。自分がこの時期に真っ先に考えるのは、「そろそろ来年の手帳を買わなくては」ということだ。そして、手帳と言えば、自分にとって誰がなんと言おうと「ほぼ日手帳」が唯一の選択肢である。先月「ほぼ日アプリ」をスマホに…

decade

「真夏のピークが去った」のフレーズで始まるフジファブリックの名曲がラジオから流れるのを聴いてから、はや二週間。その日は盆休みの初日だったが、毎日家事育児に明け暮れ、結局市内からも出ることなく6連休は終わった。そんな最近の出来事さえ遥か過去の…

ピリオド

昨日の朝、攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGを観終えた。大学1年のときに初めてDVDを観て以来、約13年ぶり2回目の視聴だったが、攻殻のことを何も知らない状態だった当時とは全く異なる味わいがあった。 攻殻の特徴としてよく語られるのが、1話あたりの情報量が…

祝辞

M ちゃんが結婚した。 7月14日の大安の日に。Facebook で 本人が投稿したことで明らかになったことだった。その数日前に彼から指環の相談を受けていたので、もうまもなくなのだろうとは思っていたが、思ったより早くて少しびっくりした。これから奥さんが住…

取捨選択 通算その4

気がついたら「はやぶさの日」(6月13日)の日で、誰かに「今日は何の日か知ってる?」と尋ねてみようと思ったのに、仕事をしていたらそのことをすっかり忘れてその日を終えてしまった。次に気がついたら夏至が過ぎていて、せっかく日の出が早くなってきたの…

願望

思い切り運動したい。体を動かして思い切り汗をかいて、ぼろぼろのくたくたになった後で、シャワーを浴びてすっきりしたい…。今の自分に一つだけわがままが許されるなら、それだけを望む。自転車でも、バドミントンでも、ランニングでも何でもいいから、とに…

山菜採り:2019/5/18

今朝、というか、つい今しがた、実家の近くの山で山菜採りをしてきた。同僚のおじさんと2人で朝5時に待ち合わせをして行ったのだが、当初の目的地だった山の奥のほうの場所が冬季通行止めで行けなかったので、急きょ別の場所に変更。ワラビやウドの芽を採…