ディーラーとの決別

昨日はアクセラマツダのディーラーに持ち込み、修理をしてもらった。オイル漏れを起こしていた左リアショックアブソーバという部品、いわゆるダンパーを交換する作業で、この修理によって左後輪付近から生じていた走行中の異音が解消した。この現象は3週間ほど前から目立つようになっていたもので、走行中、マンホールのフタのくぼみやちょっとした段差を踏む度に、「ガタン!」「バコン!」と非常に騒々しい音が車内に響き渡ってストレスを感じていた。その騒音が耳に染みつくぐらいに頻繁でほとほと参っていたものだから、修理後に家に帰る途上で、異音が一切しなくなったのを確かめたときにはちょっとした感動を覚えたのだった。

 

 

バンパーの破損は老朽化が原因だったが、この修理は安全性と快適性の両面から必須のものだったと思うし、2万円弱の費用を払うに足る結果が得られたと思って納得している。だが問題なのは、異音の原因がバンパーのオイル漏れだと突き止めたのがディーラーではなく自分自身だったということだ。「異音がする」「駐車場に油溜まりができている」という2点を訴えて最初にディーラーに修理に持ち込んだのは2週間前だった。そのときは、自分が「(ダンパーではなく)『リアバンパー』ががたついているのではないか」と主張したせいもあって、点検してもらった結果は「異常なし」とされ、「バンパーの経年劣化だから仕方ない」という説明を受けた。しかし異音は相変わらず邪魔だし、油漏れの原因は不明だから自分としてはどうしても納得いかなかった。その数日後、冬タイヤに換装したついでに左後輪のタイヤボックスをのぞき込んだときに、偶然ダンパーが油でにじんでいるのに気付き、これが異音と油漏れの原因ではないかと考えて、すぐに再びディーラーへ持ち込んだ。すると今度は自分の主張通り「ダンパーの油漏れ」と診断され、部品の取り寄せを経て、昨日の交換・修理に至ったのだった。

f:id:ryuck99:20191030122952j:plain

↑油漏れを起こしていた左後輪のダンパー(写真中央の軸)

 

f:id:ryuck99:20191030122937j:plain

↑アパートの駐車場にできた油溜まり



最初に点検してもらった2週間前の時点で、「左後輪」と訴えていたにもかかわらず油漏れの原因を特定できず、後から素人の自分に言われてようやく気づいたディーラーの(エンジニアの)対応のお粗末さ。これに今回という今回は、自分もあきれ果ててしまった。ディーラーの仕事ぶりが信頼できないということと、後部座席スライドドアのファミリー向けの新車を作っていないこと、この2点から、自分は次に買い換える車はマツダ車以外にすることを決心するに至った。具体的な車種は未定だが、少なくともマツダ車をマツダのディーラーから買うことはない。これまで10年間お世話になったし、営業担当者の人柄は個人的には好きだが、商売相手としてはもうこれ以上のお付き合いはお断りだ。来春5月頃の納車を目指して、これから次の車選びに動き出したい。

(40分)