冬到来


f:id:ryuck99:20200206081005j:image

昨日から今朝にかけて、市内の平地に雪が降り積もった。おそらく昨年12月初旬以来となる積雪だと思う。今年の冬はずっと雪がない状態が続いていて、雨だったりポカポカした晴天だったりと、全く季節感のない天候に見舞われていた。この降雪で、やっと冬が来たという実感を覚えたのは、自分だけではないはずだ。今が何月何日なのか、ここは果たして本当に新潟なのかと、時間感覚、地理感覚が狂ったような妙な気分に毎日苛まれてきたが、この雪のおかげで感覚が正常にリセットされた気がしている。外は寒いし、車の運転にもいつも以上に神経を使うが、それでも自分には今回の降雪がうれしく感じた。スキー場や除雪業者にとっても、恵みの雪であることだろう。ただ、寒波は一時的なもののようだし、せいぜい10センチほどしか積もってないから、せっかく積もった雪も数日後には跡形もなく消えてしまう。まだ春でもないのに、雪のない田んぼが広がる景色を見ることになるのは、残念でならない。自分勝手なことだが、この寒波が、できるだけ長く、美しい雪景色を守ってくれることを願っている。


(15分)